7月30日(土)に劇場公開される実写映画『ターザン』がありますが、そのあらすじや吹き替え声優について紹介します。

 

『ターザン』といえば、かの有名なディズニー映画となりますが、その後の物語になりましょうか。

実写映画『ターザン』のあらすじ。

ターザン

 

実写映画『ターザン』では、ジャングルの王者ターザンで知られる『ターザン』が、英国貴族の紳士になっているところから始まります。

 

またディズニー映画のヒロインとなるジェーンとも結ばれており、仲睦まじく過ごしているわけですが、仕事で自身が育ったジャングルのある故郷へ行くことになります。

 

しかしそのコンゴで、妻のジェーンが何者かに攫われてしまい、ターザンはある決断をします。

 

再びジャングルの王者として君臨し、ジェーンを救ってみると。

 

ターザンは、ジャングルとその仲間と共に、冒険の旅に出るというものです。

 

まさにアクション映画で2016年の夏大本命となる作品で、巨大なスクリーンでの視聴をおすすめするものになります。

 

 

見どころとなるジャングルやそこに生息する動植物の作り込みがすごく、迫力感が普通の映画と違うことがわかります。

 

若い人で、ディズニーの『ターザン』を知っている人は少ないでしょうが、今の大人であれば知っているという人も多いはず。

 

なのでこの映画を満喫、堪能できる大人こそが見るべき内容かと思います。

 

ターザンの吹き替え声優について。

桐谷健太

 

主人公ターザンですが、日本語の吹き替え声優に桐谷健太さんという方が起用されています。

 

本業の声優ではなく、俳優や歌手をされている方になります。

 

出演経歴としましては、『GROW 愚郎』はじめ、『クローズZERO』、『ROOKIES -卒業-』、『BECK』などがあります。

 

今回の映画の吹き替えで、初の声優となり、どのような演技になるかは未知数なものの、こればかりはわかりませんので、映画本編を視聴の上、確認したいところです。

 

ターザン役の起用は、『ターザン』がアクション性のある映画ということで、実際にアクションの舞台にいる人がいいという考えのもと、仕事の依頼をされたのだと思いますが、この判断が正しいか否かは非常にシビアでしょう。

 

本編事態は、標準よりも高い評価を受けそうなことから、期待できるので、一度視聴されてみてもいいかと思います。