人気漫画、アニメとなる『銀魂』ですが、実写化になって大きくファンを騒がせた次第ですが、着々と映画製作が進んでいるようです。

 

具体的な公開日時は現時点では不明なものの、ロケ地となる場所での、セットが用意されたとのことで、その一部をご紹介します。

実写化映画『銀魂』のロケ地の場所について。

 

実写化『銀魂』のロケ地ですが、その一部に京都の映画村があるとのことです。

 

東映太秦映画村というところで、専用のセットが組まれていることになっているでしょう。

 

住所は、京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10となり、いつまでそのセットが残っているかわかりませんが、ともあれロケ地となりましょうし、オフの時に訪れてみるといいでしょう。

 

ロケ地の風景について。

 

実写化『銀魂』の撮影風景をおさめるというのはできず、よって俳優や女優の演技を確認することができませんが、セットであれば、画像があったりします。

 

55e9e8357ccb7ece4570e8f38a64e26f

092de6cd

 

390fe421

 

3aa04fa6

 

さて、これらの実写化『銀魂』のセットの一部となりましょうが、明らかに妖しい雰囲気を醸し出してる感じがします。

 

『銀魂』について漫画でもアニメでもご覧になった方ならわかると思いますが、話の内容によっては、かなり攻めているところが多々あったりします。

 

危険なパロディーであったり、R指定込みのような話までありますが、上記のロケ地の風景からR関係のものがネタとして取り入れられている模様です。

 

特に化け狐というイメクラが気になる次第で、主人公がどういう展開に陥っていくのか想像できますが、やはり生で見てみたいという気持ちにさせられますね。

 

そうした場合には、映画館や試写会に行かざるを得ないでしょう。

 

否定の方が明らかに多い賛否両論ある実写化ですが、これは久々に心待ちにできるものになるかもしれませんね。