9月10日(土)より映画が公開される『にがくてあまい』ですが、その出演キャストと原作者のコメントについて紹介します。

 

公開予定の人気映画ランキングのトップ10に入っていることから、評判は事前の段階で上々で、本作に期待がかかるところですが、その出演キャストと原作者のコメントを紹介します。

出演キャストと原作者のコメントについて。

 

『にがくてあまい』は、主演に川口春奈、林遣都さんの両名がキャスティングされています。

 

川口春奈さんは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』、通称もしドラの宮田夕紀でのキャスト出演を果たされた方となります。

 

その他にも『桜蘭高校ホスト部』の藤岡ハルヒや『一週間フレンズ。』の藤宮香織があり、漫画やアニメ原作の作品を多くこなしていることになります。

 

他方、林遣都さんは、『僕だけがいない街』、『闇金ウシジマくん』、『荒川 アンダー ザ ブリッジ』といった世間を騒がす大型作品にキャスト出演する経歴をお持ちです。

 

『にがくてあまい』は、仕事はできるものの、私生活がおざなりで野菜嫌いの江田マキと料理好きの菜食主義のゲイ、片山渚による奇妙な共同生活を描くラブコメとなり、どういう仕上がりになっているかが気になるところです。

 

本作の原作は小林ユミヲ先生の漫画となり、12巻まで発売され、そして完結しています。

 


for amazon

 

漫画のタッチからして、映画化しやすい感じのもので、原作ファンでも悪くはないように見受けられますが、果たしてどうでしょうか。

 

本作はラブコメよりも、料理に関する記述が多くみられ、料理本としても機能しうるものです。

 

実際それらの記述をまとめたレシピ本が出版されていますので、映画を視聴の際は、副読本として参考にすると、面白いかもしれません。

 


for amazon

 

さて今回の出演キャストによる映画の具合ですが、PVが用意されていますので、御覧いただければと思います。

 

 

40秒ほどの短いPVですが、概ね出演キャストはいい感じに仕上がっていると思います。

 

典型的なイケメン、美女のお二人ですが、『にがくてあまい』のキャラづけをどのように再現しているかは、映画館での確認となりましょう。

 

最後に、映画について小林ユミヲ先生のコメントをご紹介。

 

漫画の中でもキャラが同じようなことを言っておりますが、野菜は勿論のこと、包丁の音、手際の良さ、そして料理をしている手までもが美味しそうに見えま す。そうしてできあがった美味しい料理、至福の顔。割と見落としがちな小さなことを大切にしなきゃと思いました。それと美味しいシーンは料理だけじゃあり ませんよ。

 

ラブコメも大切ですが、もう一つの見どころとなる料理も必見ということをPRしてくれています。

 

本編視聴後、作中で登場した料理を作ってみるのも楽しいかもしれません。

 

映画の大ヒット御礼を見守りたいところです。