映画・杉原千畝ですが、主役はもちろん杉原千畝であり、

担当俳優の唐沢寿明さんが軸に物語は進みます。

 

その杉原千畝を補佐する立場にいる、妻の幸子役こと小雪さんがいます。

 

本件の事件は、映画になる前にテレビの特集でも扱われる

大きな出来事となるわけですが、

映画では小雪にもスポットが当たることとになります。

映画・杉原千畝、小雪のキャスト出演で求められるもの。

 

杉原千畝の妻・幸子役を演じるのが、小雪さんとなります。

 

この幸子役で求められるのが、

杉原千畝諜報活動を陰で支える、献身的な支えでしょう。

 

第二次世界大戦ナチスドイツが世界への覇権を唱える時代で、

権謀術数さながらの世界構造という複雑な波の中、

杉原千畝は難しい舵取りを物語において迫られることになります。

 

単にユダヤ人6000人救う美談で終わらないのが、

この杉原千畝の物語の肝となりましょうが、

女優の小雪さんとしては、まさに良妻賢母のような

陰ながらの活躍が光らせることが作品のレベルを

一段階挙げることに繋がることと思われます。

 

映画・杉原千畝、小雪のキャスト出演、感想はどうか。

 

さて、一つの物語におけるヒロイン役に抜擢されたに等しい、

幸子役の小雪さんですが、その小雪さんの演技に対する感想は

賛否両論あるようです。

 

杉原千畝役を唐沢寿明さんにも言及されるべきことかもしれませんが、

小雪さんのキャスト抜擢は、間違いではなかったかという感想ですね。

 

詰まるところ、もっと適役がいたのではということです。

 

その理由としては、良妻賢母のような、また陰で支える献身的

イメージとは違う印象を受けることがあります。

 

確かに小雪さんは、モデルやドラマで活躍する、どちらかといえば

華やかなイメージが付きまとう人であって、

雰囲気の違う幸子役とは確かに相性はそこまでよくはないかもしれません。

 

ただ曲がりにも尽力されており、小雪さんの演技に対する感想も

いいものもしっかりあることから、

単純に一言でまとめることが、なかなか難しいように思います。

 

映画・杉原千畝自体が重厚なテーマを扱っていることもありますし、

小雪さんに対する感想もそうなってやむなしということで、

キャスト抜擢の難しさがわかる一件となりましょう。