ジブリ映画の名作となる『紅の豚』は、第一次世界大戦後のイタリアを描く作品になりますが、その舞台としてアドリア海があったりします。

 

またそのほかにもヨーロッパの真珠とされるドゥブロヴニクという街も作品の中で重要な位置を占めるほどになっていることから、これらの舞台について紹介したいと思います。

舞台となるアドリア海について

 

主人公のポルコらを含む、飛行機乗りがアドリア海上空を駆け巡ることになります。

 

まず位置関係についてですが、アドリア海というのは、イタリアを挟む東方の海峡を指します。

 

アドリア海

 

綺麗な海として知られるアドリア海ですが、浅瀬であれば、一種のオーシャンブルーを眺めることができるようです。

 

アドリア海の浅瀬

 

『紅の豚』では、飛行機の上空視点で、これらの風景を眺める機会が豊富にあります。

 

長期旅行する機会があれば、この絶景を目視で確認したいところになりますが、同様に忘れてはならないものとして、同様に舞台を描く参考となったドゥブロヴニクという街があります。

 

陸地の舞台となるドゥブロヴニクとは!?

ドゥブロヴニク

 

ドゥブロヴニクという街ですが、ここはイタリアではなく、隣国のクロアチアのものになります。

 

日本ではなじみの薄い赤い屋根が印象に残ることになりますが、統一感があり、上空からでも非常に魅力的に映ります。

 

作中では、この前景をはっきりと確認できませんが、ところどころその一部が見受けられます。

 

舞台の街並み

 

このドゥブロヴニクは、ヨーロッパの真珠という異名が付くほどの、美しい街並みということで1979年に世界遺産へ登録される運びとなりました。

 

『紅の豚』だけでなく、同じジブリ作品となる『魔女の宅急便』でこの景観が伝われ、舞台となっていることを鑑みると、感嘆せざるを得ないでしょう。

 

こうした偉大な作品では、参照となる現実の舞台に関心が集まることになりますが、そうした場所の選定も流石ジブリと言えるのではないでしょうか。