『猫の恩返し』に登場するデブ猫のムタがいましょう。

 

ハルと出会い、その足で猫の事務所を案内するキーとなるキャラであり、また猫の世界など全編にわたり大活躍することになります。

 

その物語後編では、バロンと同じように正式な本名が明らかになりますが、その点について紹介していきます(ネタバレ注意)。

ムタの本名と正体について。

ルナルドムーン

 

ムタの本名ですが、ルナルドムーンとなり、物語の最終盤で判明することになります。

 

ルナルドムーンは、猫の世界においては伝説となる猫で、かつて最大最悪の事件を起こした発端となる猫です。

 

その事件の内容とはなんと、湖の魚を全て食い尽くすという所業を犯したことになります。

 

ゆえに猫の世界では伝説となり、ルナルドムーンを象徴する壁画まで製作されていることになります。

 

壁画

 

正直なところただの大食漢と言えるのですが、それでも猫たちにとっては恐るべ事態ということですね。

 

これがきっかけとなってか、ルナルドムーンは猫の世界から抜け出し、ムタという名前で人間の世界で活きることになったというものですね。

 

本名を隠し、ムタに変更した理由は!?

ムタの由来

 

猫の国を脱出したルナルドムーンですが、その本名のままでは、都合が悪いことから、改名する必要がありますが、なぜムタという名前になったのでしょうか。

 

本名とは全く似つかないものですし、音域の「ゆ」は猫にとっては発音できないようで、大きな謎となります。

 

それを紐解くものに、『耳をすませば』があります。

 

その作中では、月島雫を「地球屋」へと連れて行った謎のデブ猫になります。

 

ムタ

 

この猫は、のちに天沢聖司が「ムーン」と名付け、同様にお玉やムタといった呼び方もあります。

 

この設定を本作に移植し、ムタをはじめ、ルナルドムーンの本名を生み出したことになりましょう。

 

その他にも『耳をすませば』で、バロンなどの設定を多く移植していますし、『猫の恩返し』を視聴する際にはこちらのジブリも観ておくと、より理解が進むことでしょう。