ガルパンが劇場版公開で、好評が続いていると報じられています。

 

アニメで人気作品が劇場版をやるのがもはや王道と

なってきたきらいがありますね。

 

日本だけではなく、海外にもいるオタクと呼ばれる人種は

ガルパン戦車についてどう考えているのでしょうか?

劇場版・ガルパン、戦車ことパンツァーの海外の反応。

 

さてガルパンの目玉となるのは何といっても戦車

 

これなくしては物語、本編を語ることはできません。

 

作中で使用される戦車は、かなりの本格的に作り込みがされているようで、

マニアもうなるほどではないでしょうか。

 

パンツァーと海外の反応と言えば、ドイツが挙げられましょう。

 

フィリピンカナダポーランドオランダイギリスなど

世界のオタクがいますが、やはり本作ではドイツ人のオタクの評価が、

重要ではないでしょうか。

 

第二次世界大戦で有名なパンツァーは知る人ぞ知るものではないでしょうか。

 

管理人もcivilization5でのドイツのパンツァーには大変お世話になっており、

是非とも詳しい反応を知りたいのですが、管理人がドイツ語ができず、

翻訳不可ということで、英語のみでのアプローチとなります。

 

例えば有名な海外のサイトでmyanimelist.netという掲示板がありますが、

そこで海外の人がオタク談義が活発になされています。

 

通常アニメだけなく、劇場版の期待もかなり高いことが知られていますし、

もはや日本人と海外との垣根はオタクの分野ではないようなものですね。

 

考えていることが、日本人と海外のそれがほぼ同じですし、面白現象でしょう。

 

海外だと軍事的に、戦車をより身近に感じるはずですし、

このこの分野では海外が一歩先に行っていそうですが、

日本もアニメを通して戦車の先進国になりたいところですね。