劇場版・ガルパンですが劇場収入の伸びが普通のアニメの劇場版とは

大きく引き離して好調を維持しているようです。

 

一般レベルでも「ガルパンはいいぞ」が広まるほど、

知られた作品なので、無理もないですが、放映終了まで記録を伸ばしてほしいですね。

劇場版・ガルパン、興行収入の初期ではどうか?

 

まず劇場版・ガルパンでは、2015年11月21日に公開され、

その土日の段階で、動員8万4752人に加え、

興行収入1億2843万8980円ほどまで伸ばしたようです。

 

なお公開2日の興行収入ランキングでは、見事1位を獲得していることから、

もはや前代未聞の数値であることがおわかりいただけると思います。

 

動員数も8万人をゆうに超えていることから、

支持層がかなり広範囲に広がっていますね。

 

劇場版・ガルパン、興行収入は最終段階はどれくらいか。

 

さて劇場版・ガルパンですが、新情報として2016年1月から

追加公開の映画館が増えることが発表されています。

 

ということで、追加の興行収入の機会が増えること、

また公開期間が広がることで、最終的にどこまで伸びるかが気になるところです。

 

ちなみに直近で知りうるもので、12月13日の動員数、興行収入ですが、

それぞれ36万4781人5億3943万5450円となります。

 

もう全国36万人を超える人々に見られていることで、

一つのブームと言って問題ないレベルかと思います。

 

興行収入の見込みですが、このままなら10億円を目標設定して

みるのもいいのではないでしょうか。

 

ガルパンならできるはずですし、最善を期待しております。