『本能寺ホテル』という作品がありますが、本作にはいわゆるパクリ疑惑が持ち上がっています。

 

どうしても芸術関係には切っても切れないものになりますが、同じ信長作品となる『信長協奏曲』とストーリーがかなり似ていることから、このような疑義が持ち上がっています。

 

パクリかそうでないかは判断が難しいところでありますが、皆さまはどうお考えでしょうか。

『本能寺ホテル』と『信長協奏曲』のストーリーあらすじについて。

本能寺ホテル

 

まず双方のあらすじですが、それぞれ完結に紹介します。

 

本能寺ホテルあらすじ

勤務先の会社が倒産し、職を失った繭子は、恋人の恭一からプロポーズされ、周囲の後押しを受けて婚約を決意。恭一の両親の金婚式を祝うため京都を訪れるが、手違いによって予約していたホテルに泊まることができず、偶然たどり着いた路地裏の「本能寺ホテル」にチェックインする。すると彼女は、いつの間にか奇妙な寺の中に迷い込んでおり、そこは天下統一を目前にした名将・織田信長が滞在する1582年の本能寺だということが判明する。訳がわからないまま本能寺ホテルと安土桃山時代の本能寺を行き来し、信長や信長に使える小姓・森蘭丸と交流を深めていく繭子だったが……。

 

信長協奏曲あらすじ

歴史が大嫌いな高校生サブローは、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで自分にそっくりな青年に出会うが、その人物はなんと本物の織田信長だった。病弱な本物の信長に頼まれ、信長として生きることになってしまったサブローは、裏切りや陰謀が渦巻く戦国時代を生き抜いていくうちに人々の支持を得るようになり、やがて天下統一を目指しはじめる。

 

この二つの作品ですが、特に近い設定としては、原因不明のタイムスリップでしょう。

 

戦国大名織田信長をテーマにすることから、どうしても多くの作品が登場すると、パクリはともかくとして、非常に似たような作品が出てきます。

 

両作品を視聴した人にとり、強い既視感をおぼえて、パクリ疑惑が生まれたのでしょうが、実際のところ、どうなのでしょうか。

 

『本能寺ホテル』はパクリに近いけれども、パクリではない!?

 

確かに似ている部分はありますが、個人的な見解では、パクリではないように感じられます。

 

率直に申し上げると、パクリをあまりに広く見てめてしまうと、他の作品にも大きく影響しますし、創作活動自体に深刻なダメージが与えてしまうことを考えると、そういう結論にならざるを得ないというものです。

 

両者の公開時期は、1年ほどの差があり、先に登場した『信長協奏曲』を参考に『本能寺ホテル』をつくろうとしても、映画の製作期間を考えると、物理的にも不可能ということから、せいぜい偶然の類似になりそうです。

 

クリエイター関連で、パクリについては重要な問題ですし、難しい話になってしまうので、最悪専門家にお任せ案件でしょうが、皆さまはどう考えるか気になるところでしょう。