『スノーデン』という映画がありますが、その主人公となっているのが、エドワード・スノーデンになります。

 

元CIAに所属する人物で、ある日ロシアへ亡命したとされるわけですが、そのスノーデン氏が、地底人がいるとの説を唱えていたことがありますが、限りなくデマに近い話ですが、どのようになっているのでしょうか。

エドワード・スノーデンと地底人のデマについて。

 

まず本作の映画では、このエドワード・スノーデン氏にスポットを当てた映画で、CIAである彼の趨勢を辿る物語となります。

 

 

もちろん映画ですので、ある程度推察、想像が込みになっているでしょうが、かなりリアルに作り込まれているかと思います。

 

エドワード・スノーデンご本人の出自ですが、以下の通りとなります。

 

スノーデン

出展 http://plaza.rakuten.co.jp/kagoshimalife

 

ものすごい成功の人生を歩まれたものとお見受けしますが、最終的に何もかもを捨てて、ロシアへ亡命することになりました。

 

本作には関係がありませんが、実物のスノーデン氏が、地底人がいるとの説を説いているという話があります。

 

個人的な見解では、宇宙人なるものは可能性的にいてもおかしくはないと考えますが、地球上に地底人なるものがいる可能性が限りなくゼロ、つまりデマに近いと思います。

 

しかしながら、明晰な頭脳を持つ人がこのような明らかにデマとわかりきったデマを流すとも考えにくいので、難しい問題であったりします。

 

地底の奥深くには、灼熱の溶岩のものすごい熱で、人が住めるような環境ではないということがわかっていますが、地底人は存在し得ないと結論付けられるはずなのに、そうならないのが、ある意味面白かったりします。

 

映画では、このエドワード・スノーデン氏のあれこれがわかるようになりますので、一度視聴してみるのもいいかなと感じるところです。