映画・信長協奏曲が1月23日に、ついに劇場公開となります。

 

本作品は2014年10月にフジテレビにおいて連続ロードショーが

放送されており、タイトルを知る人も多いのではないでしょうか。

映画・信長協奏曲のロケ地は、どこだ!?

 

信長協奏曲では、どうやら複数のロケ地で撮影されたことがわかっています。

 

それも全国のいくつかの有名箇所で撮られており、

王道の京都をはじめ、滋賀、兵庫の近畿地方をはじめ、

千葉や茨城でも目撃されることになっています。

 

京都でいえば、摩気神社上賀茂神社

滋賀では、田上山彦根城

兵庫では、砥峰高原があるようです。

 

ちなみに以下の画像が砥峰高原というロケ地になります。

 

 

やはり時代劇ものの映画であれば、やはり他の同種のものと被ってしまう

ということが多いようです。

 

黒田官兵衛ノルウェイの森といったビッグタイトルのロケ地になっていることから、

立派な観光スポットとして機能していそうですね。

 

ちなみに印象として京都の上賀茂神社、滋賀の彦根城は有名でしょうが、

それ以外は知っている人、いない人半々のようなイメージがあります。

 

実際に赴いたことがある人となると、分が悪くなりそうでしょうか。

 

ともあれ東京は近代・現代ドラマ、京都は時代劇などすみ分けがしっかりしていること含め、

京都という舞台は、やはり時代劇に向いていることと思います。

 

それぞれのロケ地の撮影時期は詳しくは判明していませんが、

春もしくは秋というところでしょうか。

 

京都の秋は格別との話もありますし、

ロケ地はじめ近畿地方に赴くときは春よりも秋がいいかなと

ちょっと感じたりしますね。

 

ということでロケ地巡りは、目安として秋をお勧めしたいところでしょう。