映画・植物図鑑ですが、公開まで着実に迫ってきていますが、

と言ってもまだ時間的な猶予があったります。

 

さて、本作の映画ですが、R15指定が入るのではないかと言われています。

 

R15指定ということは高校生以上となりましょうが、

果たして真相のほどはどうでしょうか。

映画・植物図鑑は、なぜR15指定の噂が立ったか?

https://twitter.com/James_okamoto/status/680659730398752768

 

植物図鑑は、原作に有川浩先生のライトノベルがあります。

 

それを基にして映画製作されていることになります。

 

原作のライトノベルで、ベッドで結ばれるシーンが問題となっています。

 

いちおう公式では純愛物語として、本作をPRしていることから、

実際のところどうかというと微妙なところではないでしょうか。

 

事前の段階でR15指定になるかどうか決まっているでしょうし、

仮にそうであるならば、純愛ということを強調すると、

一部に語弊があるように感じられます。

 

主演キャストへのインタビューでは、青年樹役となる高畑充希さんが、

キュン死にする女性が多発することをお約束します

というコメントをいただいています。

 

しかし、そのベッドシーンについては詳しく語っていないようで、

前売り券の販売や試写会の募集要項で、

おおよそその程度を予想しないといけません。

 

購入や募集条件が15歳以上ということであれば、

まず間違いなくR15指定で、かつパンチ力のあるシーンがあると

思った方がいいのではないかと考えます。

 

ある程度はカメラワーク等々工夫がされていると思いますが、

その中身は当日ということで、覚悟ある方は視聴を勧めさせていただきます。