伊坂幸太郎先生の原作となるグラスホッパーが、

映画としてスクリーンに蘇ります。

 

絶賛放映中となる本作のあらすじと、本題の意味についてご紹介します。

伊坂幸太郎・グラスホッパーはどういうあらすじ?

 

まず本作ですが、あらすじは以下のようになっています。

 

仕組まれた事故により恋人を失った教師・鈴木は、復讐のため教員としての職を捨て、裏社会の組織に潜入する。しかし、復讐を遂げようとした相手は「押し 屋」と呼ばれる殺し屋によって殺されてしまう。押し屋の正体を探ろうとした鈴木だったが、自らの嘘がばれ、組織から追われる身になってしまう。

eiga.comより

 

いわゆるチェイス型の物語となりましょうか。

 

この逃亡劇の中で、次第に物語が展開し、

突破口を見つけていくというものかと思います。

 

かなり売れた作品で、原作の執筆の仕方がかなり特殊だと

うかがったことがありますので、書店や図書館で、

原作と共に本作を楽しむことができるかと思います。

 

 

グラスホッパーのその意味が、鯨や蝉といったネタバレに繋がる?

 

伊阪幸太郎先生の原作ですが、グラスホッパーという

タイトルをなぜつけたのでしょうか。

 

英単語grasshopperとなるグラスホッパーの意味ですが、

バッタイナゴキリギリスのような昆虫を指すこととあります。

 

そういう意味を持ったグラスホッパーをなぜ採用したかですね。

 

本作のキャラクターでも、主人公となる鈴木は至って普通ですが、

追う側となるということが大きく惹かれるところです。

 

グラスホッパーのその意味と、の名前に、

おそらくネタバレが潜んでいることと想像します。

 

このネタバレや本題の意味を解消するために、

是非とも原作、映画、もしくはその両方を確認してほしいところとなります。