高野苺先生による、コミックのorangeを実写映画化され、

話題を集めている本作です。

 

今回はorangeの主題歌について紹介したいと思います。

映画orangeの主題歌について。

https://twitter.com/_kp29x_o/status/676760807321952256

 

orangeで主題歌を担当してくれるのは、コブクロになります。

 

コブクロ名曲とされるものに、「」や「」、「ここにしか咲かない花

があると思いますが、映画orangeでもこのような名曲が歌われているといいですね。

 

さて肝心の採用曲ですが、「未来」というものです。

 

このタイトルですが、orangeの題材となる、

未来の自分から送られてきた手紙を基に主人公が未来を変えようとする

ことを意識してのことだと思います。

 

以下、5分ほどのPVとなり、時間的に長いかもしれませんが、

視聴いただければ幸いです。

 

この中に映画orangeの主題歌「未来」が歌われています。

 

 

人気コミックを実写化して大成功した例はあまりないと聞きますが、

この作品だけでもうまくいってほしいところですね。

 

映画orangeの主題歌で成功なるか。

 

さて、非常に人気が高いコミックを実写映画化したものですが、

現実問題かなり成功が難しいのではないでしょうか。

 

恋愛系の作品ではこのようなやり方が多いですが、

成功したのは両手の指に収まるほどでしょう。

 

現時点での映画orangeの評判は、普通よりもいいところで推移しているようです。

 

ただし、原作コミックでのイメージのまま映画館に足を運ぶと

痛い目を見るかもしれないというのは意識していおいた方がよろしいでしょう。

 

ともあれ主題歌の方は、コブクロが歌っているということで、

映画視聴者や一般の方にとって、良曲になるのではないでしょうか。

 

皆がカラオケでよく歌われるような名曲に並ぶというのは

若干厳しいものと感じますが、

それでも十分なクオリティがあることでしょう。

 

映画だけでなく、主題歌も注意しつつ御覧になるといいでしょう。