リトルプリンセス星の王子さまと私が絶賛放映中です。

 

本作のあらすじをはじめ原作などの紹介していきたいと思います。

映画・リトルプリンセスの原作について。

 

映画リトルプリンセス星の王子さまと私ですが、

1943年に刊行された書籍が原作として挙げられます。

 

タイトルは「星の王子さま」になります。

 

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリという方の小説であり、

2015年では200か国で発行部数1億4500万部の大ベストセラー、

翻訳された言語は270ほどとなります。

 

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、

1900年6月29日生まれのフランス人となります。

 

没年となる1944年7月31日までの間に、

夜間飛行」「人間の土地」などの代表作を出版しています。

 

この「星の王子さま」はアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが

生前最後の出版物となりましょう。

 

なおこの方は、小説家の他に飛行士、パイロットでも有名な方で、

郵便輸送のためにヨーロッパから南米間を飛行した経歴を持ちます。

 

面白い経歴を持つ著者で、

星の王子さまは多くの方が知る名作となりましょう。

 

機会があれば、購入もしくは図書館で借りるなどしてみてもよろしいでしょう。

 

for amazon

映画・星の王子さまと私のあらすじについて。

 

さて、リトルプリンセス 星の王子さまと私のあらすじとなります。

 

公式より引用です。

 

飛行機が不時着した砂漠で“ぼく”は、ひとりの男の子と出会いました。

遠い小惑星からやってきたという小さな星の王子さま。

故郷の星では、美しい一輪のバ ラと暮らしていたのだと言います。

愛するバラを残して故郷を旅立ったのは、バラの気持ちがわからなくなってしまったからでした。

行く先々の星で、威張った り、うぬぼれたりしているおかしな大人たちと出会い、7番目に降り立った地球で、王子はキツネと友だちになりました。

別れ際、キツネはこんな「秘密」を教 えてくれました——「大切なことは、目に見えないんだ」。

そして1年が経とうとする頃、王子は砂漠に不時着した“ぼく”と出会ったのです。

一緒に砂漠の井戸を探し、やっと見つけた井戸から“ぼく”が一生懸命に汲 み上げた水を、王子は、それはおいしそうに飲みました。

地球に来てちょうど1年目の夜のこと、王子は“ぼく”の前から姿を消してしまったのです。

 

映画・星の王子さまと私ですが、「星の王子さま」のように、

物語を通して伝えたいことが多くあります。

 

子供よりも、むしろ大人が読むべき、観るべきそんな作品なのかもしれません。

 

多くの大人が感動し、それを子供たちへ知ってもらいたく、

本作を翻訳され、そして非常に多くの国に愛されることになります。

 

大ベストセラーになるほどのムーブメントを起こす本作は、

まさに生涯に一度は観ておきたい作品となります。

 

日本をはじめ、非常に多くの国は、資本主義の影響を多々受けています。

 

その中で厳しく戦い、競う最中、

忘れているものがあったりするのではないでしょうか。

 

あらすじで語られるキツネの一言、

大切なことは、目に見えないんだ

という言葉が、なんと含蓄あるものかと感じられます。

 

金銭という目に見えるものは、真に大切なものではないことを

教えてくれる言葉の一つとなりましょう。

 

そのほかにも本作が進むにつれ、

支配したいだけの「王様

褒められたがりの「うぬぼれ男

所有したがる「ビジネスマン

といった数々の登場人物が出てきますが、

そちらの人々と出会い貴重な教訓があったりします。

 

果たして本作を通して、どういう人生訓なるものを

学ぶことができるかについては、映画で確かめていただければ幸いでしょう。

 

映画リトルプリンセスの声優・キャスト紹介。

 

本作リトルプリンセス 星の王子さまと私で、

各キャラクターを演じてくれる声優・キャストの紹介です。

 

キャラ名 声優・キャスト
飛行士 津川雅彦
女の子 鈴木梨央
お母さん 瀬戸朝香
星の王子 池田優斗
キツネ 伊勢谷友介
ヘビ 竹野内豊
バラ 滝川クリステル
ビジネスマン 土師孝也
うぬぼれ男 ビビる大木
王様 坂口芳貞
教師 壤晴彦

 

以上となります。

 

本作の声優・キャストを見ていただけるとおわかりいただけるかと思いますが、

基本的にプロの声優の起用を避けたものになっています。

 

星の王子さまは女の子は、小役で活躍している子供をはじめ、

またほかのキャラクターでは、芸能人やニュースキャスターなど、

異なる分野の有名人を採用した格好となります。

 

映画では、管理人的にクオリティを重視するために、

プロの声優にお任せすることがいいと思いますので、

多少なりとも残念な感じはあります。

 

ただ原作となる作品は、まさに最高レベルの書籍なので、

おすすめしたい映画となっています。

 

棒読みなどが気にかかるようであれば、

字幕で視聴することがいいかと思います。

 

以下リトルプリンセス星の王子さまと私のPVになります。

2つありますので、参考にして決めていただければ幸いでしょう。