映画Too young to dieという作品ですが、

全国に知れ渡った観光バス事故の影響で、公開延期が発表されました。

 

この映画の中身をはじめ、延期が一体いつまで続くのか

紹介していきたいと思います。

映画Too young to dieはどんな作品でバス事故との関係は。

 

2016年2月6日に劇場公開される予定であった

Too young to dieという作品ですが、タイトルにあるように若くして死ぬことに

大いに関係があるものになっています。

 

本作のあらすじですが、

修学旅行中にバス事故に遭い、地獄へ落ちてしまった主人公の大助が、

鬼から訓練を受けて蘇りを目指す、異世界ものプラスコントのような

作品になっています。

 

作品の冒頭にバス事故のシーンがあり、それが

今回の観光バス事故を想起させるということで延期となりました。

 

多くの方がクレームをしたようで、

制作委員会なるものが、熟慮の上公開延期を決めたそうです。

 

映画の公開延期はいつまで!?バス事故の収拾なるまでか。

 

映画の公開延期についてですが、

具体的にどれくらいまで延期されるといった明言はされていないもようです。

 

ただバス事故の背景にスキーなどのイメージがあることから、

少なくとも春以降へ延期が予想されるとお思います。

 

たしかに本作ではバス事故のシーンがあるものの、

公式を覗いていただければわかる通り、かなり明るい作風の物語です。

 

どちらかというとコント映画に近いでしょう。

 

あまりに過敏に反応しすぎることがネット上で囁かれていますが、

遺族にとり同情せざるを得ないでしょうが、

ほどほどに抑えておいた方がいいのではないかとも考えたりします。

 

放映中止というわけではないので、

気長に映画の公開を待ちたいところとなります。