レオナルドディカプリオ主演のレヴェナント:蘇りし者という映画ですが、

4月22日に劇場公開されることとなっています。

 

なお本作は、過去の実話を基にした物語ということで、

その点を斟酌すると、また違った見方で映画を視聴できるのではないでしょうか。

映画レヴェナント、そのあらすじはどうなっている!?

 

映画レヴェナントの公式では、トップに

愛は死んだ。憎しみだけが生きている

との文言があるように、いわば憎悪による復讐劇の物語となります。

 

レオナルドディカプリオ演じる主人公・ヒュー・グラスは

西部時代の猟師であり、また事件のその日も同じように仲間と共に猟に出ていました。

 

その猟の最中に事件が起こります。

 

それはヒュー・グラスが熊に襲われて、瀕死の重傷を負ってしまいます。

 

仲間の一人、ジョン・フィッツジェラルドが、

ヒュー・グラスを足手まといとして置き去りに。

 

しかし主人公の息子が割って入るも、

返り討ちにあい、殺されてしまいます。

 

このままヒュー・グラスは死んでしまうと思われていましたが、

奇跡的に瀕死の状態から快復するに至ります。

 

そして自分の息子を殺し、また置き去りにしたジョン・フィッツジェラルドに対して、

復習を果たすという、あらすじになります。

 

蘇えりし者とその意味。

 

さて映画のタイトルとなるレヴェナントですが、

その意味はどういったものになるのでしょうか。

 

英単語「Revenant」という綴りになり、

意味は(長い旅から)帰ってきた人亡霊

そして幽霊といったそんな意味があります。

 

英単語の亡霊や幽霊といった意味を込めるために、

この映画のタイトルをレヴェナントというものにしたのかと思います。

 

復讐される側は死んだと思っているので、

不意に出てこられるとまさに、亡霊や幽霊かのごとしになりましょう。

 

レオナルドディカプリオ演じるヒュー・グラスですが、

レンタルもいいですが、映画のスクリーンにて確認いただければ、幸いでしょうか。

 

なお以下のものがPVになりますので、

雰囲気だけでも確認をおすすめします。

 

 

まさにハリウッド映画というもので、

日本ではまずできないことをやってのけるそんな凄さが

PV動画から伝わってきます。

 

4月22日劇場公開ということになりますので、

楽しみに待ちたいところでしょう。