映画・八日目の蝉というものがありますが、

ついに金曜ロードショーで俎上に載ることとなります。

 

最近の話題としては大いに取り上げられる事情もありますが、

ともあれ本作品で出演する子役や注目キャストについて取り上げたいと思います。

映画・八日目の蝉の子役や注目キャストを紹介。

 

映画・八日目の蝉という物語は非常にシビアな内容となっていることからしても、

特に子役にとりなかなか難しい題材ではないでしょうか。

 

その理由としては、演技に臨む上で、

台本はじめ設定について仔細な情景について把握していないといけません。

 

子供の場合、そこまでこの八日目の蝉を理解し得るかというと、

なかなか難しいこともあり、寛容な目で見てあげることも必要かと思います。

 

さて、今回の主要キャストと子役は以下の通りとなります。

 

役名 キャスト
秋山恵理菜 井上真央
安藤千草 小池栄子
秋山恵津子 森口瑤子
秋山丈博 田中哲司
薫(幼少時の恵理菜) 渡邉このみ
仁川康枝 吉本菜穂子
沢田久美 市川実和子
エンゼル 余貴美子
沢田雄三 平田満
沢田昌江 風吹ジュン
岸田孝史 劇団ひとり
滝(小豆島の写真館主) 田中泯
野々宮希和子 永作博美

 

本作のキャストですが、実はこの八日目の蝉はドラマ版があり、

それとはまた違った役者で構成されていることになります。

 

ちなみにドラマ版では、野々宮希和子役に檀れいさん、

秋山恵理菜役に北乃きいさんが担当されたりとそちらの方も豪華でした。

 

映画版もそれに負けておらず、井上真央さんを筆頭に、

小池栄子、森口瑤子、渡邉このみさんといった方々がいます。

 

一般的にこれだけの俳優・女優そして子役を集めて

日本映画を作るというのはかなり稀なことではないでしょうか。

 

それだけ原作小説がすごかったということもありましょう。

 

子役とその演技について。

 

本作の子役には、渡邉このみちゃんがいます。

 

2015年には9歳を迎えていますが、

映画撮影時は、4歳もしくは5歳程度で出演したことになります。

 

周囲の評判は上々で、大人でもなかなか咀嚼が難しいテーマを

よく乗り切ったなという感心があります。

 

ただかわいいだけだと、立ち位置的にかなり大変なような感じでしょう。

 

何せ不倫の子として生まれ、かつ誘拐され、

しかも誘拐した野々宮希和子は逮捕され、無事本来の家へ戻ることができたものの、

マスコミや世間から奇異の目で見られるという境遇はまず体験できないでしょう。

 

さて、この渡邉このりちゃんですが、

子役としての仕事は、直近においては

永遠の0宮部清子役やエンジェル・ハートミキ役が思い浮かばれます。

 

もう5年10年すれば子役から次のステージに向かうところとなりましょうが、

今後の活躍にも注目したいとことでしょう。