映画・八日目の蝉というものがありますが、

原作とあらすじを紹介させていただきます。

 

本作は不倫をテーマされているもので、

昨今の話題から大いに取り上げられるものかと思います。

八日目の蝉の原作小説について。

 

本作の原作は、角田光代先生の著作物になります。


for amazon

タイトルからは想像が難しいものの、

不倫や誘拐が本作品のテーマとなり、

世間一般ではとし断罪させられるものとなりましょう。

 

ただ、文学の世界においてはそれだけで終わることはなく、

筆者の独自の観点から咀嚼し吟味することで、

一つの独自の世界観を形成するに至ります。

 

仕方のないとしても、不倫や誘拐というのは擁護できるものではないものの、

そこに至る人の心理面において読み応えのあるところが

ふんだんに描写されていることでしょう。

 

図書でも購入されてでも構いませんので、

映画の原作として読まれると面白味も増すのではないでしょうか。

 

映画・八日目の蝉のあらすじについて。

 

八日目の蝉のあらすじについてです。

 

秋山丈博という男性は、既に妻がいて、かつ子供がいた状態になりあmすが、

愛人であった野々宮希和子との不倫が騒動である事件が発生します。

 

それは、野々宮希和子が秋山宅に忍び込み、その夫妻の赤ん坊を攫っていった、

つまり誘拐していしまいます。

 

それからというもの、赤ん坊となるとの逃避行が始まります。

 

エンジェルホームの手を借りして、生きながらえながら子供を育てるものの、

ついに警察の手によって逮捕されることになります。

 

は元の家庭に戻ることとなりますが、

この誘拐劇が大々的に報じられることにより、

普段の生活を取り戻すことができない苦悩があります。

 

それでも18年という長い年月の中で、

失った自身を取り戻していくというのが本作、八日目の蝉となります。

 

八日目の蝉の意味について。

 

本タイトルですが、この八日目の蝉はどういう意味なのでしょうか。

 

どうやら蝉は通常7日しか生きられない

言われているようです(現実は3週間から長ければ1か月程度)。

 

それにもかかわらず、通常よりも1日長く生き延びたということから、

一般の人とは違う生き方をした自身を指しているものと推測されます。

 

含みのあるタイトルということから、

様々な意味を見出すことができると思います。

 

映画を視聴し、自分自身で本件タイトルの意味を考えていただければ幸いでしょう。

 

注目のキャストと子役について