映画・女が眠る時が騒がれてる作品となります。

 

ビートたけしという大御所が俳優として登場することもさることながら、

普通の日本映画とは違った難解をはらんだ作品となります。

 

特にキャスト出演の忽那汐里、ビートたけしの絡みは必見でしょう。

映画・女が眠る時、あらすじについて。

 

この女が眠る時という映画で、

スランプに陥った小説家の健二が、リゾートホテル先で、

ある一組のカップルを目撃することになります。

 

初老の男性となる佐原(ビートたけし)と美樹(忽那汐里)の若い女性との組み合わせは、

健二の好奇心を掻き立てることになります。

 

その好奇心が相まって、そのカップルの宿泊先の部屋まで覗くという行為の先に、

一体何があるのかということがテーマとなりましょう。

 

あらすじで語られる、佐原の

あの子の最後の日を記録しようと思って

という言葉を健二が究明することになりますが、

果たしてたどり着く結論はどうなるのか気になるところです。

 

注目キャストに忽那汐里が欠かせない。

 

忽那汐里さんが佐原の恋人となりますが、

秘密を持つことが公式にて紹介されています。

 

歳の差カップルは昨今ではそこまで珍しくないものの、

どうして初老の男性と付き合っているのか、

また佐原の言う彼女の最後とは何かなど、

映画視聴前に想像するべき箇所がたくさんありましょう。

 

忽那汐里さんですが、この映画の根幹に非常に影響するキャストということで、

目が離せない方になりましょう。

 

演技としての評判も良好で、かつ美人ということもあり、

今回においてビートたけしに勝るとも劣らないのではないかと考えます。

 

ちなみに以下PVということで、動画が用意されていますので、

是非とも確認していただきたい次第です。

 

 

なかなか奥が深い映画となりましょう。

 

子供だけでなく、大人にとりこのようなテーマから、

誰しも視聴をお勧めする類のものではないでしょう。

 

ただし、クオリティとしてはこれまでの日本映画とは一線を画したほどの

出来栄えであることから、PVが大丈夫な方であれば、

劇場で中身を確認していただきたいところでしょう。