実写映画となる珍遊記が、劇場公開されるにあたり、

あまりどことかとても悪い評判を聞きます。

 

本作は名作となる西遊記のパロディなるもので構成されていますが、

中身の杜撰さから、評価や感想が散々だと嘆かれています。

実写映画・珍遊記の評価、感想がひどい。

 

この実写映画では、松山ケンイチさんをはじめ、

俳優や女優として有名な人物が起用されているにもかかわらず、

非常に評判やレビューがひどいことになります。

 

その理由としては、パロディがひどいこと、

物語としての基礎がなっていないことが挙げられましょうか。

 

本作の原作がギャク漫画であり、

他作品のオマージュやパロディがあってもいいのですが、

その使い方があまりに酷く、他作品の評価まで陥れるような出来栄えだと言われています。

 

その酷さから、2chをはじめまとめ系大手とされるはちま起稿や

オレ的ゲーム速報などでも本件について取り上げられた経緯を持ちます。

 

どうしてこのような形になってしまったのでしょうか。

 

戦犯として言われているのが、監督及び脚本になります。

なお珍遊記では、山口雄大監督、脚本に松原秀おおかわらさんとなります。

 

本作の作成上、スポンサーはいるでしょうし、この評価はいただけないです。

 

これをきっかけに、上記の面々が手掛ける映画製作にも、

支障を与えるような感じでしょうか。

 

もう一度、有名作品を見直して、映画の基礎をチェックすることが無難でしょう。