映画マン・オブ・スティールがありますが、ヒーローの代名詞とされる

スーパーマンを焦点にあてた物語となります。

 

本作の次回作が2016年3月25日劇場公開されることを記念して、

金曜ロードショーにも流されるものとなります。

 

次回作ではスーパーマンVSバットマンという構図があるということですが、

その目論見は前作に隠されているということでその中身を見ていきたいと思います。

映画マン・オブ・スティールの隠されたヒント。

 

マン・オブ・スティールのクライマックスシーンに該当しますが、

スーパーマンとゾッド将軍で、宇宙での最終決戦へと突入します。

 

その宇宙での戦いのさなかに、人工衛星がちらっと見え隠れし、そのロゴには、

ブルース・ウェイン社長のウェイン・エンタープライズ社Wのゴロ

映し出されていることが明らかになっています。

 

ブルース・ウェイン社長は、ご存知バットマンの正体となる人物。

 

本作には、スーパーマンの世界観だけでなく、

バットマンのそれもあったということになります。

 

次回作を満喫するためには、このマン・オブ・スティールの視聴は、

欠かせないものかと思います。

 

スーパーマンとバッドマンのロゴについて。

BvsS01
出典 http://www.fashion-press.net

 

ところで、主人公クラーク・ケントによるスーパーマンですが、

そのロゴとなるSは、スーパーマンの頭文字Sの意味に過ぎなかったものの、

のちにクリプトン星の名家であったエル家の家紋という設定が加えられたことがあります。

 

対してバッドマンの象徴となる、コウモリのロゴですが、

恐怖の象徴として作られたものとなります。

 

いわゆる抑止力としての意味合いが強いところが特徴でしょうか。

 

どちらも正義の味方になるものですが、

悪に対する向き合い方次第でここまで大きくヒーローの存在が変わってくるというのは

非常に面白いところでしょう。

 

マン・オブ・スティールは、アメリカだけでなく世界で大ヒットした映画ですし、

是非レンタル、購入もしくは金曜ロードショーで視聴されることをお勧めします。