映画ドラえもん、新のび太の日本誕生が劇場公開されるに至りました。

 

この映画は、1989年ののび太の日本誕生のリメイク作品になります。

 

現在の編集技術による単なる修正だけでなく、

物語も一部変更される類のリメイクとなります。

 

歌については、そのものを変更し、

この映画のための歌を用意されていますので、その点についてお知らせします。

新のび太の日本誕生の主題歌と歌手について。

 

まず旧作に該当するドラえもんのび太の日本誕生ですが、

主題歌については「ドラえもんのうた」というものです。

 

作詞・楠部工、作曲・菊池俊輔さんをはじめ、

セリフに大山のぶ代さんを加え、歌に山野さと子さんという布陣で、

オープニングを歌っていることになります。

 

 

今の20代以降の人であれば、

まず間違いなく聞いたことがある歌でしょう。

 

この曲を聴くと昔を思い浮かべますし、

過去作のドラえもんがまた観たくなりますね。

 

これに対し、2016年にリメイクとして登場した歌ですが、

夢をかなえてドラえもん」というタイトルになります。

 

作詞作曲・黒須克彦、コーラス・ひまわりキッズとし、

歌はmaoさんという方が担当しています。

 

 

お聴きいただければわかると思いますが、

今のドラえもんに流れているオープニングになります。

 

10代の少年、少女の世代にはこちらの方が親しみがあるでしょうか。

 

新のび太の日本誕生のエンディング歌と歌手について。

 

さてエンディング歌に移りますが、

過去作では、「時の旅人」が用意されています。

 

作詞・武田鉄矢、作曲・堀内孝雄、歌に西田敏行さんとなっています。

 

 

今の芸能界でも活躍を続ける、武田鉄矢、西田敏行さん両名が

この曲にかかわっているということで、豪華すぎてびっくりするほどです。

 

歌がドラえもんにしては渋い感じがしますが、ご愛敬でしょう!

 

2016年にリメイクで披露された、エンディング歌は、

空へ」というものです。

 

作詞・作曲に山崎将義さん、歌に山崎まさよしさんが担当してます。

 

歌の中身を動画でご紹介できませんが、以下CDとして発売しているということで、

興味があれば購入されてみてはいかがでしょうか。

for amazon

 

山崎まさよしさんの曲だと、管理人的に「メヌエット」が好きで、

よく好んで聴いている次第です。

 

総じてレベルの高い歌唱力ということで、

晴れて国民的アニメのエンディング歌を歌うことができたのでしょう。

 

今回取り上げた歌は名曲揃いなので、

やはりドラえもんは世代に問わず人を引き寄せるものがあるのだと感じるところですね。