三部けい先生による、僕だけがいない街という漫画原作がありますが、

それがアニメ化と映画化に至っています。

 

映画化においては、多くの批判があろうかと思いますが、

主演キャストに藤原竜也さんが登場することもあり、

レビューから判断して上々の仕上がり、演技となったようですね。

映画僕だけがいない街の評価について。

200629
出典 www.cinemacafe.net

 

僕だけがいない街のアニメ化においては、

主人公がプロの声優ではなく、俳優が担当していることで騒ぎになった経緯があります。

 

それよりも深刻とされていたものに、

原作漫画の実写映画化になりましょう。

 

アニメ化に伴う声優問題が些末事と思えるほどに、

暗雲が立ち込める発表であったはずです。

 

原作漫画やアニメの実写映画化を成功させている、

藤原竜也さんがこの度主演を務めることとなります。

 

この影響に加えて、比較的実写映画化しやすい原作漫画のビジュアル、設定ということで、

映画僕だけがいない街はそこそこ成功したといえるのではないでしょうか。

 


for amazon

キャストに藤原竜也がいる安心感について。

 

僕だけがいない街の主人公となる、藤沼悟の担当俳優が

藤原竜也さんでなければ、今のような評価に落ち着かなかったのではないかと

考えるところですが、実のところどうなのでしょうか。

 

藤原竜也さんの演技のすごさは、実写映画となるカイジで

既に実証済みで、数々の原作漫画やアニメのもので成功させている安心感から、

以下のようなものまで生まれています。

 

6c68c8f5
出典 https://twitter.com

 

素人感たっぷりの作り込みですが、

頷かざるを得ないほどの説得力から、広く浸透しているものになりましょう。

 

カイジの伊藤カイジ、デスノートの、るろうに剣心の志々雄真実で、

どれも好評なのではないでしょうか。

 

現時点で、映画僕だけがいない街はブルーレイになって販売はしていないものの、

藤原竜也映画の一つとして収集したい気持ちがありますね。