海外で視覚効果賞やアカデミー賞ノミネートされる注目作が、
ついに6月11日(土)に日本公開となります。

 

最近人工知能の話題に事欠かないニュースが続いていますが、
これ主のテーマとして扱ったのが『エクスマキナ』になります。

映画『エクスマキナ』の日本公開について。

 

人工知能の面で、いささかアメリカに後れを取っているとされる日本ですが、
例えば将棋の羽生善治さんが人工知能に挑戦を表明したといった話題から、
囲碁の世界では韓国人選手が人工知能に敗れたといった話が注目を集めました。

 

またHanson Robotics社が製作した人工知能となるソフィアが、
人類を滅亡させる宣言をしたことが日本にも伝わっています。

 

その後ソフィアには、教育が施され、
いいえ。今はそんなこと望んでいません。私は世界中の人間が大好きですよ
と回答するまでに至っています。

 

教育内容について非常に気になるところですが、このソフィアのかつての発言は、
アーノルド・シュワルツェネッガー主演のターミネーターの世界を彷彿させることから、
人工知能の凄さと危うさが表出したことになりましょうが、
ともあれ人工知能の技術的な進歩は目を見張るばかりでしょう。

 

『エクスマキナ』の映画情報、PVについて。

 

6月11日(土)に日本公開される本作ですが、
以下のようなPVが明らかになっています。

 

 

PVにおける様々な謎の解明は劇場で確認することとなりますが、
まさに人間と瓜二つのエヴァは現実の世界が目指そうとしている人工知能そのものかもしれません。

 

『エクスマキナ』では、人間との愛や逆に戦争利用が話の肝につながってくると
予想しますが、果たして真相はそうなっているでしょうか。

 

上映映画館を検索して、最寄りの劇場へ足を運んでみるとよろしいのではないでしょうか。