櫛木理宇先生の原作小説となる『ホーンテッドキャンパス』ですが、

ついに7月1日(金)より実写映画が公開されることになります。

 

小説のPRのために豪華な声優を起用していたのに、

それが無に帰って残念ではありますが、この機に原作を手に取る人が出れば幸いでしょう。

『ホーンテッドキャンパス』のCM広告と声優について。

 

櫛木理宇先生の小説の表紙には、非常に可愛らしいキャラクターが描かれており、

ヒロインキャラがイメージしやすいように工夫されています。

 

本格的なミステリーとはちょっと違うようですが、

それでも比較的手軽に読める作品として、

時間がある際には一読を推奨するほどです。

 


for amazon

 

現時点においては、1~4巻まで刊行されていて、

累計70万部を誇る数字を出していることから、すさまじい人気を誇ります。

 

だからこそ、実写映画化されるに至ったわけですが、

アニメや漫画の原作ではないものの、

あまり実写化してほしくないものだったと感じます。

 

その理由に、有名な声優を起用してのテレビのCMがあります。

 

 

非常に短い動画ですが、ヒロインキャラ・灘こよみの声が可愛く、

一瞬で世界に引き込まれるほどのインパクトがあります。

 

この役には、非常に有名な女性声優となる早見沙織さんが担当されています。

 

また主人公男性・八神森司には江口拓也さんが起用されています。

 

評判のいいCMですし、これを上手く活用してアニメ映画になった方が、

より原作小説の味を活かせたのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

 

ちなみに以下のものが実写映画のCMになりますが、

やはり上記のものの方が総じていい雰囲気が出ているように思えたりします。

 

 

この実写映画が公開されて、評判がどうなるかはわかりませんが、

少なくとも波に乗れれば、ある程度伸ばせることを期待したいところです。