映画・妖怪ウォッチですが、2015年12月に劇場公開し、

1か月も経たないうちに、かなりの盛況ぶりが報告されています。

 

映画・妖怪ウォッチに限らず、

他作品でもよくある前売りチケットによる特典の効果もあり、

動員数がうなぎ上りであることのようです。

映画・妖怪ウォッチ、前売りチケットの特典について。

 

映画・妖怪ウォッチですが、エンマ大王と5つの物語だニャン!の第二弾では、

公開週の土日だけで、動員数97万4557人に加え、

興行収入10億5780万8800円ほどにまで膨らんだことになります。

 

前売りチケットの特典も絡み、公開前からいい数字を出すのではないかと

言われてきましたが、まさにその通りになりました。

 

ちなみに騒動となった前売りチケットの特典に、

以下の画像のアイテムがついてきます。

 

 

やはり限定品というと、財布のひもが緩くなってしまうのが、

多くの人の共通事項と思いますが、映画を観に行くなら

貰えるものがあるなら欲しいのは仕方ないですよね!

 

また追加の特典として、映画を観に来た中学生以下の方に、

メダルがプレゼントされているようです。

 

 

上記のものは年齢制限がかけられており、

ツイッターの方でも悲報として受けとられる方が多数出ているようですね。

 

映画・妖怪ウォッチ、前売りチケット売れ行き=盛況ぶりか。

 

上記に述べたように、前売りチケットの売り上げがいいと、

まず間違いなく盛況ぶりが報告されるようですね。

 

作品の出来がひどく、来場者の感想による不評が広がれば、

残念な結果に終わりますが、そうでなければ大抵は成功するのではないでしょうか。

 

妖怪ウォッチは、特典商法がそこまでひどくないですし、

これくらいであれば十分いいように感じれますので、

また映画を製作される場合には、特典を付与されてもいいかと思います。

 

作品の出来も進化しつつ、家族連れやファンが楽しめる

映画になってほしいところであります。

 

第三弾も制作されることが決定されており、

2016年の冬も楽しみにしたいところではないでしょうか。