実写映画の進撃の巨人ですが、

本編は前後編にわたって、不評と言われていますが、

ただし主題歌についてはかなりいい曲にまとまっていることと思います。

 

今回は、後編で流れた主題歌、

SEKAI NO OWARIより「SOS」について取り上げたいと思います。

実写映画・進撃の巨人、後編書下ろしされた主題歌について。

 

実写映画・進撃の巨人では、前編の主題歌として、

ANTI-HERO」が知られることと思いますが、

後編では新たに「SOS」が新規書下ろしされることになります。

 

以下ミュージックPVになりますので、ご覧ください。

 

 

ただ音楽としては、良曲に場合分けできることと思います。

 

テンポや軽やかな音程が、耳障りになりませんし、

歌詞も進撃の巨人を意識していることもあり、

総合して判断すると、制作側の頑張りがわかります。

 

実写映画・進撃の巨人、後編の主題歌は合わない!?

 

これまで後編の主題歌「SOS」がいい曲であるとしましたが、

進撃の巨人においては、この曲が合わないのではということが

やはり現実的に考えられなくもないことでしょう。

 

というのも、アニメでも主題歌エンディング曲すべてを比較しても、

やはり異色感が出てくることがあります。

 

確かに本件主題歌では、その違和感はどうしてもぬぐいきれないことでしょう。

 

それはもはや解決しようがないので、ここまでとします。

 

しかし、その理由だけを以て、吐き捨るには惜しすぎるというのは

率直な感想になります。

 

純粋に聴いてもらえれば、多くの方に受け入れらることを信じて、

主題歌「SOS」を楽しんでいただけるといいのではないでしょうか。