映画『ファインディングニモ』の続編とされる、『ファインディングドリー』が2016年7月16日(土)についに公開されることになります。

 

前作の公開が、2003年ですから、かれこれ13年もの月日が経った後の続編となっています。公開まで時間がありますし、前作を予習しつつ、劇場に足を運ばれるとよろしいかと思います。

 

『ファインディングドリー』では、前作主人公のニモが登場するということで、子役声優含めて紹介します。

ニモの子役や吹き替え声優について。

 

『ファインディングドリー』ではニモが登場することとなりますが、この役は子役ポジションとして割り当てられています。

 

しかし前作から13年も経過しているということで、子役声優も成長し、大人になってしまったため、新規に子役が配置されています。

 

同様に出演声優についても、大きな変更がありますので、以下参照ください。

 

役名 ファインディングニモ ファインディングドリー
ドリー 室井滋 室井滋
ベビードリー 青山らら
マーリン 木梨憲武 木梨憲武
ニモ 宮谷恵多 菊地 慶
ハンク 上川隆也
デスティニー 中村あん
クラッシュ 小山力也 小山力也
エイ先生 赤坂泰彦 赤坂泰彦
ベイリー 多田野 曜
マカジキ 田中雅美
マンボウ さかなクン
ギル 山路和弘 山路和弘
デブ&フロー 森崎めぐみ 森崎めぐみ
本人役 八代亜紀

 

ニモでは具体的なキャラに割り当てられなかったさかなクンが、本作ではマンボウ役に抜擢されていること、新規にニモ役に菊地慶くんが起用されていることでしょう。

 

ディズニーのアニメ映画ということで、有名女優、俳優がメインポジションに就きつつ、『24』のジャックバウアーや『名探偵コナン』の毛利小五郎役の小山力也さんなどのベテラン声優が補佐する形で登場されることになります。

 

菊地慶

 

さて菊地慶くんの具体的なプロフィールですが、子役ということで、2008年3月6日の生年月日と神奈川県出身以外は詳しいことが分からない状態です。

 

元々歌舞伎関係の役をこなしていたようですが、今回オーディションを経て、『ファインディングドリー』のニモ役が初めての吹き替え声優役となった模様です。

 

以下予告PVでは、主役となるドリーと共に、ニモの子役の声が確認できますので、参照いただければと思います。

 

 

2016年7月16日(土)、まもなく劇場公開ということで、本編の全貌が気になるところです。

 

また具体的な名前がまだわかりませんが、菊地慶くん以外の子役声優もしっかり登場しますので、その点も注目したいですね。